So-net無料ブログ作成
検索選択
半沢直樹 最終回 視聴者 反応 ブログトップ

半沢直樹 最終回 視聴者 反応 [半沢直樹 最終回 視聴者 反応]

半沢直樹 最終回 視聴者 反応
半沢直樹 最終回 視聴者たちの反応は?続編は?


9月22日に最終回を迎えたドラマ「半沢直樹」(TBS系)。
全10話放送で遂に終了となったが、放送終了後の視聴者たちはネット上で様々な反応を示した。

【半沢直樹の他の写真、関連動画などを見る】花が半沢をアシストしたシーン/金融庁・黒崎VS半沢のにらみ合い/「半沢直樹」最終回、視聴者たちの反応は?

同作は、池井戸潤の人気小説をドラマ化。
バブル期に“一生安泰”と言われていた大手都市銀行に入行した銀行員・半沢直樹(堺雅人)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、格闘していくエンターテイメント。
半沢を支える妻・花役を上戸彩が、最大の敵となる大和田常務役を香川照之が演じた。

14日に放送された最終回直前の第9話では、平均視聴率35.9%、瞬間最高視聴率40.1%を記録。
今クールNo.1のヒットを飛ばした。
50%近い数字が出ると注目されている最終回の視聴率は24日に発表される。

◆ドラマ内容について
― ドラマ全般について
・久々に手に汗握るドラマを見せてもらいました。
・面白いドラマってちゃんと作ればまだ作れるんですね。
・演技力ある役者だけで配役できたことが最高だった…

― 最終回について
・結局、出向させられなきゃならんのか?
・後味悪かった…続編早めにやってー(涙)
・すっきりしませんでしたね・・・

Twitter上では、最終回の放送終了直後に視聴者たちが「出向???」という結末を疑問視する趣旨のツイートを大量につぶやいたことから、原作者の池井戸潤・個人事務所「オフィスIKEIDO」は、オフィシャルTwitterにて、放送終了直後に「す…、すみません…、原作どおりです」とコメントした。

◆「半沢直樹」堺雅人について
・堺雅人さんの演技が素晴らしかった。ここ10年で一番良いドラマ。
・堺さん惚れました。長いセリフと眼力に圧倒されました…

◆「大和田常務」香川照之について
・大和田常務役の香川照之さんの演技に迫力があった。最後の土下座のシーンの演技は誰もマネできないでしょうね。
・最高の悪役。嫌な奴というものを完全に理解した役作りだった。

◆「半沢花」上戸彩について
・半沢の奥さんの花ちゃんが素敵すぎて泣いちゃった。
・私も花ちゃんみたいなお嫁さんになれるようがんばる…

◆「金融庁の黒崎駿一」片岡愛之助について
・キャラが本当に良かった。目が離せない役だった。
・目線の演技がさすが歌舞伎役者でしたね…

◆続編は?日本中に様々な話題を作ったドラマ「半沢直樹」。
ストーリー、演技、視聴率など日本国内だけではなく、アジア各国からも高い注目となったようだ。
続編の制作があるのかないのか?TBSの今後の展開・発表に期待したい。

なお、本ドラマの原作小説は池井戸潤の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の2作。
第3弾の「ロスジェネの逆襲」が本ドラマの続編にあたり、半沢が出向させられた後のストーリー。
現在は第4弾の「銀翼のイカロス」を執筆中だ。
※コメントの一部は省略しています。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
半沢直樹 最終回 視聴者 反応 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。