So-net無料ブログ作成
検索選択
半沢直樹 最終回 原作と違う ブログトップ

半沢直樹 最終回 原作と違う [半沢直樹 最終回 原作と違う]

半沢直樹 最終回 原作と違う
半沢直樹 「原作とドラマはこんなに違う」原作では“冷血”キャラクター!?


いよいよ、今月22日の放送で最終回を迎える日曜劇場「半沢直樹」。
主演の堺雅人の決めゼリフ「やられたらやり返す。倍返しだ!」は痛快そのものだが、ドラマ以上に原作は冷血さに満ちて息を飲むほど。
売られたケンカを買い、10倍返しどころか、潰すまで戦う。
それがもう一人の半沢直樹だった。

大手都市銀行に恨みを持ちながら入行し、頭取の座を目指す、堺雅人主演のドラマ「半沢直樹」(TBS系)。
7月の初回放送から視聴率を上げ続け、2週連続の30%オーバーは、キムタク主演の「GOOD LUCK!!」(03年)以来の快挙。
あの「家政婦のミタ」(11年)が記録した40%超えを狙うほどの人気ぶりだ。

計画倒産の陰謀に巻き込まれ四面楚歌の中で5億円の債権回収に挑む「大阪篇」では、ドラマ第5話で黒幕の浅野支店長(石丸幹二)をとことん追い込む。
例えば、このシーンを原作の「オレたちバブル入行組」(作・池井戸潤)で振り返ると、「原作の半沢」の冷徹ぶりが浮き彫りになるのだ。

〈「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、好意を見せるのであれば、誠心誠意それに応える。だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。そして──潰す。二度と這い上がれないように。浅野にそれを思い知らせてやる」〉

ドラマではピンチの連続の半沢を支える同期の渡真利(及川光博)でさえ原作では、獲物を追い立てて憎悪をにじませたセリフを吐く半沢を見る目に恐怖を浮かべる。
スポーツ紙記者が話す…
続きを読む--- (ネタりか より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
半沢直樹 最終回 原作と違う ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。