So-net無料ブログ作成
織田裕二 オーマイダッド 最終回 視聴率 ブログトップ

織田裕二 オーマイダッド 最終回 視聴率 [織田裕二 オーマイダッド 最終回 視聴率]

織田裕二 オーマイダッド 最終回 視聴率
織田裕二主演「Oh,My Dad!!」9.8%でフィニッシュ


織田裕二(45)主演のフジテレビ系連続ドラマ「Oh,My Dad!!」(木曜後10:00)の最終回が19日に放送され、平均視聴率が9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが20日、分かった。

初回は13.3%でスタートしたものの、第2話以降は1ケタに低迷。
第10話で10.1%とし、2度目の2ケタを記録したが、最終回は伸びなかった。
全11話の平均は9.3%。

妻に逃げられて家も失い、子持ちでシングルファーザーとなってしまった主人公(織田)が、厳しい現実と向き合いながらも、一人息子・光太(田中奏生・7)のために奮闘していく、笑いあり涙ありのハートフルヒューマンコメディー。
織田は、過去の栄光をひきずり、妻にも逃げられ、家も金もない子持ちホームレスとなってしまう42歳の男・新海元一を演じた。
織田は、2011年1月クールの同局「外交官 黒田康作」以来、約2年半ぶりの連続ドラマ主演で、初めての父親役に挑戦した。
共演は長谷川京子(34)、鈴木杏樹(43)、八嶋智人(42)ら。

最終回は、食肉販売の専門商社でアルバイトとして働き始めた元一(織田)は、古川(六平直政・59)に倉庫に預けていたマグネシウム空気電池の試作品の処分を頼む。
美月(長谷川)にも「電池はもう捨てた」と宣言する。
そんなある日、マグネシウムによるエネルギー事業が本格化したとのニュースが流れる。
岸田(八嶋)にもエネルギー問題が解決するなら誰がやってもいいと話すが、「負けて悔しくないのか」と問いかけられてしまう。
翌朝、紗世子(鈴木)から電話が入り、光太が運動会のため徒競走の練習をしていることを聞く。
光太は負けたことが悔しくて、頑張っているといい…という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
織田裕二 オーマイダッド 最終回 視聴率 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。