So-net無料ブログ作成
半沢直樹 原作者 池井戸 ブログトップ

半沢直樹 原作者 池井戸 [半沢直樹 原作者 池井戸]

半沢直樹 原作者 池井戸
「半沢直樹」原作者「半沢の真似はしない方がいい」


「やられたら倍返し」とすごむ堺雅人の快演で、「あまちゃん」超えの高視聴率をマークしているドラマ「半沢直樹」。
原作は池井戸潤さんの『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』。
バブル期に都市銀行に入行した主人公の半沢直樹は、内外からのさまざまな圧力に立ち向かい、跳ね返していく。

これら2作に続く半沢シリーズ第3弾の『ロスジェネの逆襲』も23万部のヒット。
「週刊ダイヤモンド」に連載中は読者アンケートで特集記事を抜いて満足度1位にランクされ、連載小説がビジネス誌の巻頭を飾るという異例の事態となった。

連載中からサラリーマンには身近な物語として読まれていた。
「自分の職場と重ね合わせて読んでいる」「理想を目指す主人公の姿に勇気づけられる」「仕事に対する心構えは心に残った」などの感想が読者から寄せられた。
当時編集長だったダイヤモンド社の田中久夫さんは、

「会社の人事を理不尽と感じる人は多い。『人事が怖くてサラリーマンが務まるか』という半沢の言葉も響いたようです」

と話す。
半沢はとにかく熱い。
「プレッシャーのない仕事なんかない」「世の中の矛盾や理不尽と戦え」「だったら、お前が変えろ」「どこに行かされるかは知らないが、行ったところでベストを尽くす」など、ページにちりばめられた言葉に付箋をつけながら読む人もいる。
モチベーションが上がりそうだ。
しかし作者の池井戸さんは、

「半沢の真似はしないほうがいいですよ」

と笑顔で語る。
実際に職場で半沢を気取れば痛い目にあうのは必至。
言いたいことは半沢に言ってもらってスッキリすればいいのだ…
続きを読む--- (livedoorニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
半沢直樹 原作者 池井戸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。