So-net無料ブログ作成
検索選択
半沢直樹 視聴率 速報 6話 ブログトップ

半沢直樹 視聴率 速報 6話 [半沢直樹 視聴率 速報 6話]

半沢直樹 視聴率 速報 6話
半沢直樹 “東京編”突入の第6話 瞬間最高33.6%! 同ドラマ最高を記録


俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マンを演じ人気のドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第6話が25日、25分拡大で放送され、平均視聴率は11日に放送された前回(第5話)と同じ29.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
瞬間最高視聴率は、午後9時58分、午後10時1分、同2分の3時点で記録した33.6%(同)とこれまでの最高を記録した。
関西地区は平均視聴率32.8%、瞬間最高が午後10時11分と12分の2時点で38.6%と、こちらも高視聴率を記録した。

ドラマは、小説「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。
銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いており、見事「10倍返し」を完了させた“大阪編”の第5話では、平均視聴率29.0%を記録し、30%の大台を突破するかが注目されていた。

半沢が本部の営業第二部次長に栄転し、舞台を大阪から東京へ移した第6話で、半沢は部長の内藤(吉田鋼太郎さん)に呼び出され、老舗の伊勢島ホテルの経営再建と、近く金融庁が行う「金融庁検査」への対応を任される。
伊勢島ホテルは長く業績が低迷し、200億円の融資をしたばかりだったが、その直後、資金運用に失敗し120億円もの損失が出ることが分かったばかり。
「自分には無理だ」と言う半沢に対して、この案件は頭取(北大路欣也さん)命令であると内藤は告げる……という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




半沢直樹 視聴率 速報 6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。