So-net無料ブログ作成
検索選択
あまちゃん 視聴率 最高 ブログトップ

あまちゃん 視聴率 最高 [あまちゃん 視聴率 最高]

あまちゃん 視聴率 最高
あまちゃん 最高視聴率更新22.1% プロデューサーが語るヒットの要因


10日に放送されたNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(月~土 前8:00 総合)第61回(第11週)の番組平均視聴率が22.1%をマークし、同作の最高記録を更新したことが11日、わかった。
4月1日の第1回から第61回までの期間平均視聴率も19.5%で絶好調だ。
視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区。高視聴率に支えられた前半を振り返り、訓覇圭プロデューサー(P)は「そんなに数字が取れるものだと思っていなかったので、怖いな」と明るい表情。
「(主演女優の)能年玲奈さんの頑張りが120点。それに宮藤官九郎さんの脚本、ほかの役者さんたちのアンサンブルも素晴らしい」などとヒットの要因を分析した。

母・春子(小泉今日子)に連れられ岩手県北三陸へやってきたヒロイン・アキ(能年)は、現役で海女を続ける祖母・夏(宮本信子)と出会い、“海女さん”になることを決意する。
海女修行を続けるうちに“地元アイドル”となったアキは、47都道府県のご当地アイドルを集めたユニット「GMT47」のメンバーにスカウトされ、東京で本格的にアイドルを目指すことになる。
6月24日から放送の第13週より、ドラマは後編に突入。
メイン舞台を東京に移し、GMT47の挫折奮闘、そして春子の過去が明かされていく。

訓覇Pは「“朝ドラ”らしい“朝ドラ”を目指して、ホームドラマの要素を大事に作ってきたことが思っていた以上に観られている要因になったのかな」と狙っていたものがブレていないことに自信をのぞかせ、「東北の方々にも今のところ概ね喜んでいただけているので、ホッとしています。方言の響きが温かくて、想像していた以上に心地よく、受け入れていただいているのかな」。

現在とは違う、1980年代のアイドル全盛期へのオマージュが散りばめられている点も、30代~50代の女性を中心とする視聴者層の心をわしづかみにしている。
「80年代を懐かしく思う年代の方々が、社会の中心で仕事をされていて、その癒しになればいいし、家庭で親子で観ていただけたらうれしい」

大友良英氏による主題歌も大人気。
「思い描いていたドラマの世界を音楽で表現してくれた」と訓覇Pも満足げだ。
ドラマ後半では、人気アイドルグループ「アメ横女学園芸能コース(通称アメ女)」が登場したり、アキたち「GMT47」のオリジナル曲などの音楽がより一層注目を集めそうだ。
「楽曲はすべて大友さんが作っています。ドラマからCDデビューとか今のところ余裕がないので考えていませんが、劇中のアイドルを子どもたちに楽しんでもらえたら」と話した。

「GMT47」の名称や、古田新太演じるプロデューサー・荒巻太一の見た目が、AKB48グループやその総合プロデューサー・秋元康氏を連想させるが、訓覇P「モデルにはしていない」ときっぱり。
そこは宮藤氏特有のコメディセンスが遺憾なく発揮されていくところでもある。
記事を確認する。 (Yahoo! ニュース より引用)




あまちゃん 視聴率 最高 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。