So-net無料ブログ作成

あまちゃん 最終回 視聴率 速報 [あまちゃん 最終回 視聴率 速報]

あまちゃん 最終回 視聴率
速報 あまちゃん 最終回 視聴率関東で23.5%


9月28日に放送された女優・能年玲奈主演のNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の最終回の視聴率が、関東で23.5%、関西で21.1% だったことが30日、わかった。
最近の連続テレビ小説では、尾野真千子主演の『カーネーション』(2011年10月~2012年3月)の最終回(関東23.3% 、関西19.0%)を超える高視聴率で、放送を終了した。
最高視聴率は、9月16日朝に関東地区で記録した27.0%だった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ)。

前作『純と愛』(2012年10月~2013年3月)の最終回は関東20.2%、関西17.8%。前々作『梅ちゃん先生』(2012年4月~9月)の最終回は関東21.4%、関西19.7%。

4月1日放送開始の『あまちゃん』は、岩手・北三陸を舞台に、能年演じる引きこもりがちの東京の高校生、天野アキが、祖母・夏(宮本信子)の影響で海女になり、母・春子(小泉今日子)の果たせなかった夢を追いかけるようにアイドルを目指し、成長していく物語。
クライマックスでは東日本大震災やその後の復興を目指して奮闘する北三陸の人々を描いた。
驚いた時に連発される方言「じぇじぇじぇ」は流行語になった。

最終回は、初回で描かれた1984年の北三陸鉄道開通セレモニーをなぞるように、震災により運休していた北三陸鉄道が一部運転を再開するセレモニーが描かれた。
アキと親友の足立ユイ(橋本愛)によるユニット“潮騒のメモリーズ”が復活し、観光お座敷列車に乗り込んで「潮騒のメモリー」を熱唱。
メインキャスト総出でフィナーレを迎えた。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん あまロス配慮 総集編放送 [あまちゃん あまロス配慮 総集編放送]

あまちゃん あまロス配慮 総集編放送
“あまロス”に配慮 総集編10・14放送 DVD予約は従来の10倍


ブームを巻き起こしたNHK連続テレビ小説「あまちゃん」が28日の放送でフィナーレを迎えた。
“あまロス”はもちろん、今さらだけど見てみたい“初あま”のために、総集編が10月14日に放送される。

前編(午前8時20分~9時48分)、後編(同10時5分~11時35分)の2部構成。

前期の朝ドラの総集編は年末が多い中、最終回からわずか2週間のスピード放送。
NHKは「視聴者からの反響が大きいため」とあきらかに“あまロス”に配慮した編成。

27日に発売されたDVD第1弾の予約は約1万6000セットで、過去の朝ドラの10倍近い人気という。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

安堂ロイド 桐谷美玲 謎のセーラー服 [安堂ロイド 桐谷美玲 謎のセーラー服]

安堂ロイド 桐谷美玲 謎のセーラー服
桐谷美玲 「半沢」後番組で謎のセーラー服美少女


女優の桐谷美玲(23)が10月13日スタートのTBSの日曜劇場「安堂ロイド~A.I. Knows Love?~」(日曜後9:00)で純白のセーラー服姿の謎の美少女を演じる。

木村拓哉(40)がアンドロイドと天才物理学者の2役で主演する時空を超えたラブストーリー。
平成の民放ドラマ最高視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した「半沢直樹」の後番組として注目の作品だ。

桐谷はすべてが謎の存在で、アンドロイドと柴咲コウ(32)演じるヒロインの前などに、こつ然と姿を現しては意味深な言動をする役どころ。
役の名前も「謎の美少女」だ。

女優業のほか、ファッション誌「non-no」の専属モデル、日本テレビ「NEWS ZERO」の火曜日のキャスターといういろいろな顔で活躍。
今回はかれんな容姿と存在感で視聴者の目をクギ付けにしそうだ。

「特注の白のセーラー服と不思議な雰囲気で、かなりインパクトがあるキャラクター。
皆さんの記憶に残る印象的な役にできたらと思っています」と張り切っている。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 視聴率 じぇじぇじぇな大逆転 [あまちゃん 視聴率 じぇじぇじぇな大逆転]

あまちゃん 視聴率 じぇじぇじぇな大逆転
あまちゃん 全話視聴率、梅ちゃん先生に0.1%まで肉薄 じぇじぇじぇな大逆転なるか?


NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」(月~土曜、午前8:00)の26日放送分までの期間平均視聴率(全話平均)が、最終回を目前に20/.6%まで上昇したことが27日、ビデオリサーチの調査データに基づく集計で明らかになった。

NHKによると、過去10年間(03年後期以降)の朝ドラの期間平均1位は12年前期「梅ちゃん先生」の20.7%で、その差はわずか0.1%。
来週明けに判明する、27日放送分と、28日の最終回の数字次第では、“大逆転”が起こる可能性も出てきた。

「あまちゃん」は、約1カ月前の第21週(8月19~24日)の放送終了段階では、全話平均は20.2%で、「梅ちゃん‐」とは開きがあったが、ここから猛烈な追い上げをみせている。

今月16日放送分では、過去10年間の朝ドラ最高となる視聴率27.0%を記録している。
大ブームを起こしている「あまちゃん」だけに、最終回はどこまで“じぇじぇじぇ”な数字を叩き出すかも注目される。

なお最終回で30%を超えれば、01年前期「ちゅらさん」の全話最高29.3%を抜き、今世紀1位の記録となる。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

紅白歌合戦 2013 予想 NHK衝撃… [紅白歌合戦 2013 予想 NHK衝撃…]

紅白歌合戦 2013 予想 NHK衝撃…
NHKに衝撃…紅白年間視聴率1位死守へ あまちゃんVS半沢に?


◇「半沢直樹」最終回視聴率42.2%

TBS連続ドラマ「半沢直樹」最終回の40%超えに、大みそかに「紅白歌合戦」を控えるNHK関係者にも衝撃が走った。
年末年始は同番組の視聴率が“半沢超え”できるかどうかも大きな話題となりそうだ。
昨年の関東地区の紅白の視聴率は42.5%で、半沢の42.2%よりもわずか3ポイント上回るだけだった。

08年は42.1%、09年は40.8%、10年は41.7%、11年は41.6%でいずれも半沢を下回っている。
NHK関係者は「年間トップは譲れない。
半沢に負けられないという雰囲気が高まってくるでしょうね」と話す。

今年の紅白は、視聴率20%以上を連発する人気の連続テレビ小説「あまちゃん」のコーナーが設けられるほか、劇中の歌が紅白でも披露されるとみられ、“あまちゃんVS半沢”の視聴率争いになるかもしれない。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

小泉今日子 急上昇 テレビタレントイメージ調査 [小泉今日子 急上昇 テレビタレントイメージ調査]

小泉今日子 急上昇 テレビタレントイメージ調査
あまちゃん 効果? 小泉今日子 「テレビタレントイメージ調査」で急上昇


ビデオリサーチは25日、「テレビタレントイメージ2013年8月度調査」の結果を発表。
男性では俳優の福山雅治が初の1位に。
また、女性では小泉今日子が2004年2月度以来、久々のトップ20入りを果たした。

男性タレント部門では、福山が前回4位からランクアップして初の1位に輝き、以下は2位に阿部寛、3位に明石家さんまと続いた。
女性タレント部門は、1位・綾瀬はるか、2位・浅田真央、3位・天海祐希という結果で、3期連続で順位も不動だった。

今回初のトップ10入りとなったのは、男性タレントではお笑いコンビ・さまぁ~ず(8位)、フォークデュオ・ゆず(9位)、嵐の櫻井翔(10位)で、女性タレントではモデルのローラ(6位)がそれぞれランクインした。

なお、小泉今日子は12位にランクインしており、現在出演中のNHK連続ドラマ小説『あまちゃん』の影響がうかがえる結果となった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

半沢直樹 最終回 視聴率 42.2% [半沢直樹 最終回 視聴率 42.2%]

半沢直樹 最終回 視聴率
半沢直樹 最終回 42.2% 80年以降民放ドラマ歴代2位


堺雅人(39)主演のTBS系連続ドラマ「半沢直樹」(日曜後9:00)の最終回が22日に放送され、平均視聴率が42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。
最終回は25分拡大で放送され、瞬間最高視聴率は出向を言い渡された半沢のアップで終わった直後の午後10時17分に記録した46.7%だった。
関西では、平均視聴率45.5%で、瞬間最高は50.4%(午後10時17分)にまで達した。

ドラマで40%を超えたのは11年の「家政婦のミタ」(日本テレビ)が最終回に記録した40.0%以来2年ぶり。
00年放送の同枠ドラマ「ビューティフルライフ」の最終回41.3%をも上回り、1980年以降での民放連続ドラマでは83年の「積木くずし・親と子の200日戦争」最終回の45.3%に続く歴代2位となった。
初回から最終回まで右肩上がりで上昇し続けたのは1989年以降、民放の連続ドラマでは初めての快挙となった。

今年放送された番組ではドラマではもちろん1位。
全番組の中でも「サッカーW杯アジア地区最終予選 日本対豪州戦」(テレビ朝日系、6月4日放送)の38.6%を抜いて、一気にトップに躍り出た。

初回19.4%(7月7日)で上々のスタートを切り、第2話(7月14日)で今期の民放ドラマ最高の21.8%とし、第3話(7月28日)で今年放送されたドラマで最高の22.9%を記録。
その後も上昇し、第4話で27.6%(8月4日)、第5話(8月11日)と第6話(8月25日)では29.0%と大台目前で足踏み状態となったが、第7話(1日)では30.0%と初めて大台を超え。
第8話(8日)で32.9%、第9話(15日)で35.9%とさらに上げていた。
全10話の平均は28.7%。

直木賞作家、池井戸潤氏の人気小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の初の映像化。
主演の堺が演じたのはバブル期に入行し、上司に啖呵(たんか)を切って間違いを指摘する真っすぐな性格を持つ銀行員・半沢直樹。
“敵”を追い詰める攻撃的な顔と、部下や家族への優しい顔の両面を持つサラリーマンのヒーローのような主人公の活躍が評判を呼び、「やられたらやり返す。倍返しだ!」という決めゼリフとともに、社会現象化していた。

半沢を明るく爽やかに支える妻・花役を上戸彩(27)が演じた。
堺と上戸は同局の「ひと夏のパパへ」(03年)以来10年ぶりの共演。
そのほかの共演は、敵役となる常務役の香川照之(47)をはじめ、北大路欣也(70)、及川光博(43)、滝藤賢一(36)、片岡愛之助(41)ら。

最終回は、金融庁検査を乗り越え、常務の大和田(香川)の不正を断罪する準備を進めていた半沢だが、決定的証拠として期待していた田宮社長(前川泰之.39)の証言は近藤(滝藤賢一.36)から届かず、半沢の立場は一気に不利なのものとなる。
そんな中、渡真利(及川)は近藤の本部復帰の情報をつかむ。
事情を察した半沢は、連絡がつかない近藤の携帯電話のメッセージに、いつもの剣道場で待ち続けると吹き込む。
そして、取締役会までに新たな証拠をつかむため、奔走する半沢に、さらなる試練が降りかかる。
金融庁から金融庁検査における半沢の態度への処分を求める書面が届いたのだ。2日後の取締役会では、半沢が訴える大和田の不正問題とともに、半沢の処分案も話し合われることになり…という展開だった。

取締役会での大和田との直接対決を制し、大和田に土下座をさせ、見事“100倍返し”を達成した半沢だったが、頭取に呼ばれて出された辞令は「東京セントラル証券への出向」だった。
驚きと怒りの表情が入り混じった半沢のアップで終了した最終回は、続編への予感を感じさせる結末に。
原作も続いていることもあり、続編への期待が高まるばかりだ。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 最終回 視聴者 反応 [半沢直樹 最終回 視聴者 反応]

半沢直樹 最終回 視聴者 反応
半沢直樹 最終回 視聴者たちの反応は?続編は?


9月22日に最終回を迎えたドラマ「半沢直樹」(TBS系)。
全10話放送で遂に終了となったが、放送終了後の視聴者たちはネット上で様々な反応を示した。

【半沢直樹の他の写真、関連動画などを見る】花が半沢をアシストしたシーン/金融庁・黒崎VS半沢のにらみ合い/「半沢直樹」最終回、視聴者たちの反応は?

同作は、池井戸潤の人気小説をドラマ化。
バブル期に“一生安泰”と言われていた大手都市銀行に入行した銀行員・半沢直樹(堺雅人)が、銀行の内外に現れる敵と戦い、格闘していくエンターテイメント。
半沢を支える妻・花役を上戸彩が、最大の敵となる大和田常務役を香川照之が演じた。

14日に放送された最終回直前の第9話では、平均視聴率35.9%、瞬間最高視聴率40.1%を記録。
今クールNo.1のヒットを飛ばした。
50%近い数字が出ると注目されている最終回の視聴率は24日に発表される。

◆ドラマ内容について
― ドラマ全般について
・久々に手に汗握るドラマを見せてもらいました。
・面白いドラマってちゃんと作ればまだ作れるんですね。
・演技力ある役者だけで配役できたことが最高だった…

― 最終回について
・結局、出向させられなきゃならんのか?
・後味悪かった…続編早めにやってー(涙)
・すっきりしませんでしたね・・・

Twitter上では、最終回の放送終了直後に視聴者たちが「出向???」という結末を疑問視する趣旨のツイートを大量につぶやいたことから、原作者の池井戸潤・個人事務所「オフィスIKEIDO」は、オフィシャルTwitterにて、放送終了直後に「す…、すみません…、原作どおりです」とコメントした。

◆「半沢直樹」堺雅人について
・堺雅人さんの演技が素晴らしかった。ここ10年で一番良いドラマ。
・堺さん惚れました。長いセリフと眼力に圧倒されました…

◆「大和田常務」香川照之について
・大和田常務役の香川照之さんの演技に迫力があった。最後の土下座のシーンの演技は誰もマネできないでしょうね。
・最高の悪役。嫌な奴というものを完全に理解した役作りだった。

◆「半沢花」上戸彩について
・半沢の奥さんの花ちゃんが素敵すぎて泣いちゃった。
・私も花ちゃんみたいなお嫁さんになれるようがんばる…

◆「金融庁の黒崎駿一」片岡愛之助について
・キャラが本当に良かった。目が離せない役だった。
・目線の演技がさすが歌舞伎役者でしたね…

◆続編は?日本中に様々な話題を作ったドラマ「半沢直樹」。
ストーリー、演技、視聴率など日本国内だけではなく、アジア各国からも高い注目となったようだ。
続編の制作があるのかないのか?TBSの今後の展開・発表に期待したい。

なお、本ドラマの原作小説は池井戸潤の「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」の2作。
第3弾の「ロスジェネの逆襲」が本ドラマの続編にあたり、半沢が出向させられた後のストーリー。
現在は第4弾の「銀翼のイカロス」を執筆中だ。
※コメントの一部は省略しています。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

テレビ 秋の改編 バラエティーにメス [テレビ 秋の改編 バラエティーにメス]

テレビ 秋の改編 バラエティーにメス
民放テレビ 秋の改編出そろう バラエティー番組にメス


民放テレビ局の10月期の新たな番組編成が出そろった。
8年間続いたTBSの「リンカーン」、フジテレビの「爆笑 大日本アカン警察」や「ピカルの定理」が終了し、日本テレビもゴールデンタイム(午後7時~10時)に新番組をラインアップしており、テレビ東京も人気番組「モヤモヤさまぁ~ず」を30分拡大するなど、人気番組も含めてバラエティーにメスが入れられた。
各局の改編状況をまとめた。(毎日新聞デジタル)

◇日テレ、視聴率「3冠王」奪還へ“6分”&午後7時台強化
日本テレビは、4月にスタートした「赤丸!スクープ甲子園」(月曜午後7時)、昨年10月から放送されていた「快脳!マジかるハテナ」の2番組が8月で終了しており、後番組として、月曜午後7時には有吉弘行さんが司会の番組「有吉ゼミ」、木曜午後7時は「フットボールアワー」の後藤輝基さんがゴールデン帯のレギュラーMCに初挑戦する「あのニュースで得する人損する人」がスタート。
ゴールデンタイムの入り口となる午後7時台を強化する。

また、報道番組「NEWS ZERO」の放送開始時間を6分間遅らせ、月~木曜は午後11時ちょうどからのスタートに変更。
合わせて、「しゃべくり007」などの人気番組が並ぶ午後10時台(バラエティー3枠、ドラマ1枠)を6分間拡大する。
昨年はテレビ朝日に首位の座を明け渡したプライム帯(午後7~11時)を強化し、視聴率「3冠王」奪還を狙う。

◇好調のテレ朝、強力ドラマで3冠狙う
「やじうま」消滅も
昨年プライム帯で視聴率トップを獲得し、今年も好調をキープしているテレビ朝日は、4月期に続いて、ゴールデン、プライム帯のバラエティー番組の改編はなし。
ドラマでは人気の「相棒」シリーズの最新作や昨年民放ドラマ最高の数字を記録した米倉涼子さん主演の「ドクターX」が復活。
プライム連覇に向けて強力な布陣が敷かれた…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 最終回 原作と違う [半沢直樹 最終回 原作と違う]

半沢直樹 最終回 原作と違う
半沢直樹 「原作とドラマはこんなに違う」原作では“冷血”キャラクター!?


いよいよ、今月22日の放送で最終回を迎える日曜劇場「半沢直樹」。
主演の堺雅人の決めゼリフ「やられたらやり返す。倍返しだ!」は痛快そのものだが、ドラマ以上に原作は冷血さに満ちて息を飲むほど。
売られたケンカを買い、10倍返しどころか、潰すまで戦う。
それがもう一人の半沢直樹だった。

大手都市銀行に恨みを持ちながら入行し、頭取の座を目指す、堺雅人主演のドラマ「半沢直樹」(TBS系)。
7月の初回放送から視聴率を上げ続け、2週連続の30%オーバーは、キムタク主演の「GOOD LUCK!!」(03年)以来の快挙。
あの「家政婦のミタ」(11年)が記録した40%超えを狙うほどの人気ぶりだ。

計画倒産の陰謀に巻き込まれ四面楚歌の中で5億円の債権回収に挑む「大阪篇」では、ドラマ第5話で黒幕の浅野支店長(石丸幹二)をとことん追い込む。
例えば、このシーンを原作の「オレたちバブル入行組」(作・池井戸潤)で振り返ると、「原作の半沢」の冷徹ぶりが浮き彫りになるのだ。

〈「オレは基本的に性善説だ。相手が善意であり、好意を見せるのであれば、誠心誠意それに応える。だが、やられたらやり返す。泣き寝入りはしない。そして──潰す。二度と這い上がれないように。浅野にそれを思い知らせてやる」〉

ドラマではピンチの連続の半沢を支える同期の渡真利(及川光博)でさえ原作では、獲物を追い立てて憎悪をにじませたセリフを吐く半沢を見る目に恐怖を浮かべる。
スポーツ紙記者が話す…
続きを読む--- (ネタりか より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。