So-net無料ブログ作成
検索選択

あまちゃん CD 潮騒のメモリー 今後 [あまちゃん CD 潮騒のメモリー 今後]

あまちゃん CD 潮騒のメモリー 今後
NHKあまちゃん「潮騒のメモリー」の今後を予測する


いつCD化されるのだろうと気にかけていたNHK朝ドラ「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」が、天野春子(小泉今日子)さんのCDシングルとして発売されることになった。
なんと、小泉さん、14年ぶりのシングルだという。

「あまちゃん」の劇中でも、鈴鹿ひろみが歌っているという話が実は、天野春子が歌っていたという展開となり、毎朝このメロディーがテレビから流れてくるようになった。
まさにNHKによるこの曲のへビーローテションによるキャンペーンだ。

今年の年末、NHKの紅白歌合戦に、これで天野春子(小泉今日子)さんの出場は確実だろう。
おそらく話題づくり的にはトップバッターに持ってきたい。
いや、むしろ、あまちゃんコーナーという特別コーナーが展開されることだろう。

舞台には、天野春子とクレジットされた小泉今日子さんが歌いだし、主演の能年玲奈さんと橋本アイさんによる、「潮騒のメモリーズ」へバトンタッチ。
そして、若き日の小泉今日子さんの春子役の有村架純さんへ、そして最後に登場した薬師丸ひろこさんのマイクはOFFで声が聞こえない(笑)

もちろん、舞台では、鉄拳がパラパラ漫画で字幕の歌詞を展開している…。
GMT47の「暦の上ではディセンバー」とメドレーで続き、出演者がこぞって登壇…
スクリーンには、いろんなシーンが投影されていき…最後は震災のシーンへ。

そのまま、あまちゃんの役の設定で、被災地へのメッセージが続く…
最後は宮藤官九郎さん登場…
的な仕掛けを、ついつい期待したくなっている。

また、TBSの日本レコード大賞にも出演だろう。
これだけ歌番組がなくなると露出料が多い曲が圧倒的に有利である。
NHKの朝の帯で平均視聴率20%代をキープし、なおかつその歌に関するエピソードが連日繰り広げられているわけだから、2013年で一番、耳にする、目にする曲に違いない。
すると、日本レコード大賞は、2008年からは、EXILEとAKB48しか受賞しておらず、「潮騒のメモリー」が日本レコード大賞を取り、新たな受賞者登場という可能性が出てくる。

さらに、歌手は小泉今日子さんではなく、天野春子クレジットということになれば、「新人賞」とも重なり、ダブル受賞というストーリーも可能だろう。

また、12月にはユーキャンの新語流行語大賞があり、「今でしょ!」を抑えて「じぇじぇ」が大賞を受賞するかもしれない。
しかし「千円返して」あたりのノミネートにも期待したい(笑)年末は、「あまちゃん」が各地の賞を総取りという現象になるのかも…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ショムニ 2013 堀内敬子 かわいい [ショムニ 2013 堀内敬子 かわいい]

ショムニ 2013 堀内敬子 かわいい
ショムニ 出演の堀内敬子が話題に! 「熟女なのに可愛すぎる」。


ショムニ2013 視聴率 2話 は平均視聴率13.8%で、初回の18.3%から大幅ダウンでした。

劇団四季出身でドラマや映画、舞台で活躍している女優の堀内敬子(1971年5月27日生まれ 42歳)。
彼女は現在、ドラマ『ショムニ2013』に福田益代役で出演しているのだが、その演技力と可愛らしさが話題になっているのだ。

江角マキコ以外のメンバーが一新されて話題となっているドラマ『ショムニ2013』(フジテレビ系)。
前のメンバーの方が良かったとの声がある一方、円山詩織役の本田翼や小島美鈴役の森カンナなどの若手女優が可愛いとネット上で話題になっていた。
しかし17日の放送後、熟女女優である堀内敬子が可愛すぎると評判になっているのだ。

堀内は1990年に劇団四季付属研究所に入所し、1991年に『ミュージカル李香蘭』で初舞台を踏んだ。劇団四季に在籍中は『キャッツ』、『美女と野獣』、『ウエストサイド物語』など数々の作品に出演し、退団後も『レ・ミゼラブル』、『屋根の上のバイオリン弾き』などのミュージカルに出演。
また、映画『THE 有頂天ホテル』や『サラリーマンNEO』などの番組にも出演している。

彼女の演技力は三谷幸喜氏から「憑依型女優」と表現されるほどで、実年齢より若い役でも、かなり年上のおばさんの役でも見事に演じきってしまうのだ。

『ショムニ2013』の第2話で、堀内演じる福田益代(かつて戸田恵子が演じていたポジション)が長ゼリフや早口言葉を話すシーンがあり、「長ゼリフスゴイ」、「この人の演技好き」、「ショムニの雰囲気に合ってる」など彼女の演技力を評価する声が目立っていた。
さらに「42歳なの? 可愛い」、「あんなキレイな人になりたい」、「熟女なのに可愛すぎる」と彼女の容姿を絶賛する声も多くあがっている。

可愛らしいルックスが話題となっている堀内。
劇団四季出身ということもあって、演技力は確かなものである。
この先『ショムニ2013』での彼女の演技力と可愛らしさから目が離せない。
記事を確認する。 (livedoorニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

池井戸潤 ドラマ 七つの会議 vs 半沢直樹 [池井戸潤 ドラマ 七つの会議 vs 半沢直樹]

池井戸潤 ドラマ 七つの会議 vs 半沢直樹
池井戸ドラマ対決は「半沢直樹」に軍配、決め手は“過剰演出”


<専門家が絶賛するTBS「半沢直樹」>

直木賞作家、池井戸潤の小説を連続ドラマにしたTBSの「半沢直樹」(日曜21時~)とNHKの「七つの会議」(土曜21時~)。
どちらもサラリーマンの苦闘を描いた話題作だが、2回目で視聴率が20%を超えた前者(平均21.8%=ビデオリサーチ調べ、関東地区)に対し、後者は初回が6.1%。
明暗がクッキリと分かれてしまった。

専門家も「半沢直樹」に軍配を上げる。
作家の麻生千晶氏は、「久しぶりにTBSがやる気を出したドラマ。今クールで一番」と評価する。

メガバンクの融資課長が内外の敵と立ち向かう物語。
主人公の半沢を演じるのは、「リーガル・ハイ」の変人弁護士役が記憶に新しい堺雅人(39)だ。

「背が高いわけでも美男子でもない。大スターとしての要素は備えていないのに、醸し出される雰囲気は、ほかの役者と全然違う。独特のオーラがあるのです。演出も彼の力を最大限に引き出すのに成功している。半沢が本店の会議室で審査や人事の上役を相手にまくし立てる場面は、真っ正面からのドアップで、迫力あるシーンに仕上げていた。キャストも気が利いています。国税局の統括官を演じる片岡愛之助、支店長演じる“ミュージカル界の貴公子”の石丸幹二。敵役の2人が、いい味を出しています」(麻生氏)
以下省略

<生真面目が裏目に出たNHK「七つの会議」>

一方、NHKの「七つの会議」は厳しい評価だ。
中堅電機メーカーを舞台にした内部告発がテーマだ。
主人公は東山紀之(46)で、業績を上げられずに苦しむ平凡な営業課長を演じている。

「これまでの企業ドラマは、サラリーマンの葛藤をシリアスに描くのがお約束でした。『七つの会議』も、生真面目に企業の内部を描写しモラルや人間模様を映し出しています。ただ、それでは今の視聴者は憂さを晴らせない。ドラマを見ても、“確かにそうだよね”と思うだけです。“企業や組織内での葛藤”の次に“留飲を下げる憂さ晴らし”がないと受け入れがたいし、救いがありません」(こうたき氏)
以下省略

原作はどちらも面白いだけに、演出の力量で差がついた格好である。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

斉藤さん2 視聴率 速報 [斉藤さん2 視聴率 速報]

斉藤さん2 視聴率 速報
斉藤さん2 初回視聴率15.5% 観月ありさのヒットドラマ続編


女優の観月ありささん主演の連続ドラマ「斉藤さん2」(日本テレビ系・毎週土曜9時)の初回が13日放送され、平均視聴率は15.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「斉藤さん」は、08年1~3月に放送された水曜ドラマで、「うるさかろうが、煙たかろうが、斉藤さんは正義の道をゆく」をキャッチコピーに、斉藤さんとそのそばにいる人たちを描いた作品。
パート2では“主戦場”を幼稚園から小学校へと移し、小学生となった息子・潤一とともに、新しい街で、新しい人々と触れあっていく斉藤さんの姿を描く。

第1話は、15分拡大で放送。
斉藤さん(観月さん)は小学4年生になった息子・潤一を連れて、レイクタウン大鷹という住宅街に引っ越し、潤一は大鷹小学校4年3組に編入する。
一方、同じ住宅街に住み、潤一と同じクラスに通う拓海の母・摩耶(桐谷美玲さん)は先輩主婦たちの顔色をうかがう生活を送っていた。
ある日、摩耶は拓海にあだ名を付けられたことが原因で学校に来なくなっている子がいるという話を聞かされる。
騒ぎは大きくなり緊急保護者会が開かれ、子供たちがあだ名を付けるのを禁止しようという案が出る。
保護者たちがその案に賛成しようとする中、斉藤さんは一人、反対の声を上げる……という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

半沢直樹 第2話 視聴率 [半沢直樹 第2話 視聴率]

半沢直樹 第2話 視聴率
半沢直樹>第2話視聴率は21.8% 堺雅人主演作が第2話で20%超


俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マン役で主演を務める日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)の第2話が14日、放送され、平均視聴率は21.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と第2話で20%超えを果たした。
瞬間最高視聴率は半沢がラストの決めぜりふを言う午後9時51分と52分の2時点で24.4%(同)だった。

7日に2時間スペシャルで放送された初回は平均視聴率19.4%(同)を記録し、8日時点での今期民放ドラマの視聴率トップに立ったが、11日に放送された沢村一樹さん主演の連続ドラマ「DOCTORS 2 最強の名医」(テレビ朝日系、毎週木曜午後9時)が平均19.6%(同)を獲得し、トップの座を奪われていた。

ドラマは、「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。
銀行に入ったら一生安泰と言われていたバブル期に東京中央銀行に入行した型破りの銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる“敵”と戦い、組織と格闘していく様子を描く。
半沢の妻役で女優の上戸彩さんも出演しており、03年の連続ドラマ「ひと夏のパパへ」(TBS系)以来10年ぶりに堺さんと共演している。

第2話では、東京中央銀行が西大阪スチールへの融資で5億円の不良債権を抱え込むことになり、半沢が自身の命運をかけて融資金の回収に動き出すことに。
そんな中、同社の「計画倒産」の疑いが浮上し、半沢は西大阪スチール倒産の影響で連鎖倒産した竹下金属の社長(赤井英和さん)に協力を求め、東田社長(宇梶剛士さん)が海外に所有している時価5000万円の別荘の存在を突き止めるが……という展開だった。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 能年玲奈 橋本愛 明暗! [あまちゃん 能年玲奈 橋本愛 明暗!]

あまちゃん 能年玲奈 橋本愛 明暗!
『あまちゃん』ツートップに明暗!“熱愛・不機嫌”で急降下の橋本愛、能年玲奈は……


いま最も注目されている女優といえば、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に主演する能年玲奈と、その親友を演じる橋本愛だろう。
2人は先日オリコンが発表した「2013年上半期に最もブレイクしたと思う女優」ランキングで、ワンツーを独占。
1位は能年で「素朴でかわいらしところがいい」(埼玉県/10代/女性)や「初々しくかわいらしい演技は最高。
間違いなく売れっ子になる!」(北海道/40代/女性)と大絶賛。
2位の橋本も「美少女で存在感があり、大物の素質がありそう」(東京都/40代/女性)など、評価はうなぎ上りだ。

だが、ネット上の評価は対照的。
スキャンダル処女の能年に比べ、橋本は、俳優の落合トモキとの熱愛報道や、先日行われた商品発表会での不機嫌対応などで株を下げてしまった。

特に落合との熱愛では、未成年でありながら深夜まで遊び回り、最終的には落合の自宅に“チェックイン”したというから、男性ファンがショックを受けるのも無理もない。

「途中に寄ったバーでは、未成年飲酒疑惑もウワサされています。ネット住民は“穢れなき”アイドルを求めるもの。裏切られた時、それまでの愛が憎しみに変わることもあります」(アイドルオタクの男性)

事実、橋本に関する書き込みはこのところ辛らつさを増し、とても17歳の女性に向ける言葉ではないお下劣なワードも飛び交っている。
一方、能年はオタク層のハートを掴んで離さない。
公式プロフィールによると、趣味は「ギターを弾くこと、読書、アニメ鑑賞」。
所属事務所がオタク受けを狙ってアニメ趣味をアピールしたことも考えられるが、いまのところ“本物”である可能性が高い…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

2013年 cm起用ランキング 上半期 [2013年 cm起用ランキング 上半期]

2013年 cm起用ランキング 上半期
今年の人気トップ女優は誰?上半期CM起用社数ランキング発表


メディアの調査・分析を行うニホンモニター株式会社が11日、2013年1月~6月のCM出稿状況を基にした「2013 上半期タレントCM起用社数ランキング」を発表した。

女性タレント部門で1位に輝いたのは、女優の武井咲。
初の1位獲得となった武井の起用社数は15社で、男女総合においてもトップとなった。

昨年のCMクイーンで、AKB48の卒業を目前に控える篠田麻里子は、13社起用で2位を獲得。
3位は12社起用で、女優の剛力彩芽とモデルのローラが並んだ。
昨年の上半期では剛力が8位(9社)、ローラは9位(8社)で、両者共に大幅なランクアップを見せた。

男性タレント部門では、昨年4連覇を達成したプロゴルファーの石川遼選手が、嵐の櫻井翔、俳優の向井理と並び10社起用で首位を獲得。
嵐は5人全員がトップ5入りしており、グループの人気ぶりを証明している。

昨年上半期は篠田、板野友美、前田敦子が1位を獲得し、8名が5位以内に名を連ねるなどAKB48が上位を独占。
今年は昨年6位の武井が単独で1位を獲得し、剛力とローラが大躍進するなど、順位変動が顕著となったCM起用社数ランキング。
12月発表予定の年間ランキングに注目だ…
続きを読む--- (ネタりか より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ショムニ2013 感想 批判殺到! [ショムニ2013 感想 批判殺到!]

ショムニ2013 感想 批判殺到!
「前のメンバーのほうがよかった」江角マキコ主演『ショムニ2013』初回18.3%好スタートも批判殺到!


江角マキコ主演の連続ドラマ『ショムニ2013』(フジテレビ系)が10日にスタートし、初回視聴率18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切ったことが分かった。

同シリーズは1998年にスタートし、たちまち視聴率20%を超える人気シリーズに。
今作は第4シリーズにあたり、03年に放送されたスペシャルドラマ以来、10年ぶりの復活となる。

初回では、消息不明だった坪井千夏(江角)が“会社の掃きだめ”といわれる庶務二課へ戻り、そこへ人事異動で新生“ショムニ”メンバーが集結。
旧メンバーの京野ことみ、櫻井淳子、戸田恵子、高橋由美子もゲスト出演し、懐かしさと新しさが混在するスタートとなった。

放送前からミニスカ制服の復活や、ベッキー、本田翼、安藤サクラ、森カンナ、堀内敬子といった新生メンバーが注目され話題に。
しかし、放送後の視聴者の感想をうかがうと、「やっぱり前のメンバーのほうが好き」「前作と同じキャラクターじゃ、変えた意味ない」「江角の宿敵は、片瀬那奈よりも前の戸田菜穂がよかった」など、新キャストへの批判的な意見が目立つ。

「原作漫画がベースにありますから、キャストを変えてもキャラが同じなのはしょうがないのですが、焼き直し感が気になってしまった視聴者が多いようですね。

旧メンバーは、10年の月日を感じさせる“おばさん感”が出ていたのに対し、江角さんはドアップになってもほぼ劣化を感じさせない。
プロ意識の高さを見せつけたといえるでしょう」…
続きを読む--- (ネタりか より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ドラマ 半沢直樹 視聴率 1話 [ドラマ 半沢直樹 視聴率 1話]

ドラマ 半沢直樹 視聴率 1話
半沢直樹 初回視聴率が今期最高の19.4%! 堺雅人が型破り銀行マン


俳優の堺雅人さんが型破りの銀行マン役で主演を務める日曜劇場「半沢直樹」(TBS系)の初回が7日、2時間スペシャルで放送され、平均視聴率は19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。
瞬間最高視聴率も21.9%(午後10時9、31、35分)と好成績で一躍夏ドラマのトップに躍り出た。

堺さんはバブル期に大手銀行に入行した型破りの銀行マン・半沢直樹を演じ、半沢の妻・花を女優の上戸彩さんが演じた。
堺さんと上戸さんの共演は03年に放送された連続ドラマ「ひと夏のパパへ」(TBS系)以来10年ぶり。

ドラマは、「下町ロケット」で直木賞を受賞した作家の池井戸潤さんの人気小説「オレたちバブル入行組」と「オレたち花のバブル組」が原作。
銀行に入ったら一生安泰と言われていたバブル期に東京中央銀行に入行した半沢直樹が、銀行の内外に現れる“敵”と戦い、組織と格闘していく様子を描いている。
東京中央銀行で歴代最年少のスピード出世で常務にまでなった大和田常務を香川照之さん、半沢の同期でよき相談相手・渡真利忍を及川さんが演じるほか、壇蜜さん、人気アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔さん、北大路欣也さんらも出演する。

第1話は、2時間の拡大スペシャルで放送。
融資課長の半沢(堺さん)は、支店長の浅野(石丸幹二さん)からの強引な指示で、新規の西大阪スチールから、無担保で5億円の融資契約を取り付ける。
ところが、西大阪スチールは粉飾決算が発覚し、融資からたった3カ月後に倒産。
出世に執念を燃やす浅野は、その全責任を半沢1人に負わせようと画策する……という展開。
毎週日曜午後9時に放送される。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

銀魂 映画 完結編 [銀魂 映画 完結編]

銀魂 映画 完結編
劇場版銀魂 完結篇 前作対比140%のロケットスタート!


■「劇場版銀魂 完結篇」週末興収 大ヒットの前作を大幅超、対比140%のロケットスタート

7月6日に全国公開した『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』が、猛烈なスタートを切った。
映画公開の最初の週末7月6日、7日の2日間の興行収入が2億8185万9900円となった。

この数字は、予想を大きく超える大ヒットと話題を呼んだ2010年公開の前作『劇場版銀魂 新訳紅桜篇』対比で140%以上(40%増以上)にあたる。
最終興収も前作を大きく上回る可能性も高くなってきた。

アニメ映画としても、大きなヒットになる。
スクリーンごとの売り上げを示すスクリーンアベレッジは221万146円と同日公開された作品のなかでトップの成績だった。
公開劇場数は127館と少ないわけでないが、人気の高さから数多くのファンが劇場に足を向けた結果といえる。
さらに各種ユーザーレビューサイトの評価も絶好調と、今後は口コミによる拡大も期待出来そうだ。
その内容と伴に、“完結篇”を掲げる本作に相応しい数字を残すことがいまから期待される。

『劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)での空知英秋さんが連載する人気マンガの劇場映画第2作である。
テレビアニメ開始から7年、劇場版として2作目となる。

原作者が自らストーリーとキャラクター原案を担当、さらに“完結篇”と銘打ち、『銀魂』の過去、現在、そして未来を巡る壮大な大団円となった。
この夏の話題作である。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。