So-net無料ブログ作成
検索選択

半沢直樹 最終回 幻のラストシーン [半沢直樹 最終回 幻のラストシーン]

半沢直樹 最終回 幻のラストシーン
半沢直樹 “幻のラストシーン”をディレクターズカット版で公開


堺雅人さん主演で大ヒットを記録した連続ドラマ「半沢直樹」(TBS系、7~9月放送)に、テレビでは使われなかった“幻のラストシーン”が存在していたことが6日、明らかになった。
連続ドラマでは今世紀最高となる平均視聴率42.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した最終回のラストで、台本には頭取から出向を言い渡された半沢(堺さん)の“その後”が描かれ、実際に撮影も行われていたという。
12月にDVDとブルーレイディスク(BD)で発売されるディレクターズカット版のボックスセットに収録される。

ドラマ「半沢直樹」は、池井戸潤さんの小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」が原作。
バブル期に東京中央銀行に入行した銀行マン・半沢直樹が、銀行の内外に現れる敵と戦い、組織と格闘していくさまを描いている。
放送文化の向上に貢献した番組や個人・団体を表彰する「ギャラクシー賞」のテレビ部門の2013年9月度月間賞を受賞した。

ディレクターズカット版は、テレビ未放送シーンを含むドラマ全10話と特典映像を収録した7枚組のボックスセット。価格は、DVDボックスが2万3940円。
BDボックスが3万240円で12月26日発売。
記事を確認する。 (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。