So-net無料ブログ作成
検索選択

堺リーガル 救われた? フジ2大失態 [堺リーガル 救われた? フジ2大失態]

堺リーガル 救われた? フジ2大失態
「堺リーガル」に救われた?フジの2大失態


堺雅人(39)主演ドラマ「リーガルハイ」が高視聴率でスタートを切り大いに沸くフジテレビだが、これがなかったらどうなっていたことやら…。
この夏まで視聴率低迷にあえいでいたフジテレビ。
先日は「SMAP」木村拓哉(40)と人気脚本家の三谷幸喜氏(52)が、同局の番組宣伝の方法を暗に批判。
さらに、昼帯の情報番組起用を検討した売れっ子芸人の有吉弘行(39)をビビって断念するというチョンボも。
すべてが“リーガル”の大ヒットに救われた!?

前クールの「半沢直樹」(TBS系)の勢いそのままに「リーガルハイ」の第1話(9日放送)の視聴率が21.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)と好発進した。
フジとしてはこれを浮上のきっかけにしたいところだろうが、聞こえてくるのはまだまだ「あ~うまくいかない…」という関係者の嘆き節だ。

8月の平均視聴率でTBSに抜かれ、4位に転落。「FNS27時間テレビ」(8月3日放送分)では、アイドルの頭部を蹴る場面などが放送倫理・番組向上機構(BPO)の審議の対象となることが先月に発表された。

バラエティーだけではない。
9月8日の男子ゴルフ「フジサンケイクラシック」、8月27、28日の「世界柔道」では、それぞれ勝負が決する大事な局面で生中継が終了。
物議を醸した。

次の“チョンボ”は、開局55周年特番「SMAP GO!GO!」(9月30日放送)内のドラマ「古畑任三郎 VS SMAP その後」。
あたかも古畑(田村正和=70)が出演するかのように番宣されたが本物の登場はなくネット上で「詐欺だ!」などと非難された。

同ドラマの演出・脚本を手がけた三谷氏も、今月10日付の朝日新聞夕刊の連載で番宣方法を問題視した。
「やめてほしいとプロデューサーにお願いしたが、結局、押し切られた」と告白したばかりか「木村さんも、このドラマが古畑シリーズの新作として宣伝されていることに違和感があったようだ」とキムタクも疑問視していたことを暴露した…
続きを読む--- (Yahoo!ニュース より引用)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。